コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ものなら モノナラ

2件 の用語解説(ものならの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ものなら[接助]

[接助]《形式名詞「もの」+断定の助動詞「だ」の仮定形「なら」から》動詞・動詞型助動詞の連体形に付く。
(可能の表現に付いて)実現が不可能だと思われる事柄を仮定的に示す意を表す。…ならば。「別れられるものなら別れたい」「逃げられるものなら逃げてみろ」
(「うものなら」「ようものなら」「まいものなら」の形で)もし実現したら、好ましくない事態が起こる場合を仮定的に示す意を表す。…としたら。「うそをつこうものなら、とんでもない目にあうぞ」「うっかり捨てようものなら、どやされるぜ」
[補説]「ものなら」は「ものならば」の「ば」が省略された形で、うちとけた話し言葉では「もんなら」となる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ものなら

( 接助 )
〔形式名詞「もの」に断定の助動詞「だ」の仮定形「なら」の付いたものから。話し言葉でのくだけた言い方では「もんなら」ともなる〕
活用語の連体形に接続する。
(意志・推量の助動詞「う・よう」「まい」を受けて)その動作・状態がきっかけとなって、結果が思わしくなくなるといったときの、その前件を表す。 「悪口を言おう-、すぐに仕返しをされるだろう」 「朝寝をしよう-、食事にありつけなくなる」
つきはなすような気持ちをこめて、仮定条件を表す。 「そんなことでいい-、だれにでもできます」
(可能の意を表す語を受けて)なじるような気持ちをこめて、つきはなす場合に用いる。 「できる-、やってみなさい」 「歌える-、歌ってごらんなさい」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ものならの関連情報