やらん(読み)ヤラン

デジタル大辞泉の解説

やら‐ん

[連語]《断定の助動詞「なり」の連用形「に」、係助詞「や」、動詞「あり」の未然形「あら」、推量の助動詞「む」の重なった「にやあらむ」の音変化》
(文末用法)
㋐疑問の気持ちを込めた推量の意を表す。…であろうか。
「いかさまこれは祇といふ文字を名について、かくはめでたき―」〈平家・一〉
㋑遠回しにぼやかして言う意を表す。…とかいうことだ。…とか。
「鞠(まり)も難き所を蹴出だしてのち、やすく思へば、必ず落つと侍る―」〈徒然・一〇九〉
(文中用法)体言または格助詞「と」に付いて副助詞的に用いて、不確かなこと、不定の意を表す。
「主上すでに人も通はぬ隠岐国と―に流されさせ給ふ上は」〈太平記・四〉
(「…やらん…やらん」の形で)不確かなことを漠然と並列・列挙する。…やら…やら。
「かやうに浪の立つ―、風の吹く―も知らぬ体にて」〈平家・六〉
[補説]中世以降の語。のちに「やらう」と変化し、さらに室町期には「やら」ともなり、現代の副助詞「やら」につながる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やらん

連語
断定の助動詞なりの連用形に、係助詞、動詞ありの未然形あら、推量の助動詞の付いたにやあらむの転
文末にあって、「…(の)だろう」「…(の)だろうか」の意を表す。 まりも難き所を蹴出してのち、やすく思へば、必ず落つと侍る-/徒然 109 かかる恐ろしき海上にただ一人乗りて御入り候-/御伽草子・浦島太郎
文中にあって、副助詞的に用いられる。体言および格助詞「と」に付いて、不確かなことを漠然と表す。 余に何と-心ぼそうて徒然なるに/平家 2 その浦島と-は、はや七百年以前の事と申し伝へ候/御伽草子・浦島太郎 は、明治以降の書き言葉でも、時に見られる。新田の君は足利に計られて矢口と-で殺されて/武蔵野 美妙馭丁は呆れたる面もちにて、何-髭ひげの内にて云ひしが聞えず/舞姫 鷗外やろう連語やら副助・並立助・終助

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やらん

やら‐ん

(断定の助動詞「なり」の連用形「に」、係助詞「や」、動詞「あり」の未然形「あら」、推量の助動詞「む」の重なった「にやあらむ」の変化したもの)
① 文末にあって、「…(の)だろうか」の意を表わす。
※浜松中納言(11C中)一「この世のありにくくなりにたるやらん」
※平家(13C前)三「あまりに思へば夢やらん」
② (副助詞的に用いられる) 体言および多くは格助詞「と」を受け、不確実・不定の意を表わす。
※平家(13C前)二「余に何とやらん心ぼそうて徒然なるに」
※太平記(14C後)二「佐渡とやらんは人も通はぬ怖しき嶋とこそ聞うれ」
③ (「…やらん…やらん」の形で) 不確かなことを漠然と並列・列挙する。…やら…やら。
※平家(13C前)六「か様にたつやらん、風の吹やらんもしらぬ躰にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やらんの関連情報