コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やらん ヤラン

デジタル大辞泉の解説

やら‐ん

[連語]《断定の助動詞「なり」の連用形「に」、係助詞「や」、動詞「あり」の未然形「あら」、推量の助動詞「む」の重なった「にやあらむ」の音変化》
(文末用法)
㋐疑問の気持ちを込めた推量の意を表す。…であろうか。
「いかさまこれは祇といふ文字を名について、かくはめでたき―」〈平家・一〉
㋑遠回しにぼやかして言う意を表す。…とかいうことだ。…とか。
「鞠(まり)も難き所を蹴出だしてのち、やすく思へば、必ず落つと侍る―」〈徒然・一〇九〉
(文中用法)体言または格助詞「と」に付いて副助詞的に用いて、不確かなこと、不定の意を表す。
「主上すでに人も通はぬ隠岐国と―に流されさせ給ふ上は」〈太平記・四〉
(「…やらん…やらん」の形で)不確かなことを漠然と並列・列挙する。…やら…やら。
「かやうに浪の立つ―、風の吹く―も知らぬ体にて」〈平家・六〉
[補説]中世以降の語。のちに「やらう」と変化し、さらに室町期には「やら」ともなり、現代の副助詞「やら」につながる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やらん

( 連語 )
〔断定の助動詞「なり」の連用形「に」に、係助詞「や」、動詞「あり」の未然形「あら」、推量の助動詞「む」の付いた「にやあらむ」の転〕
文末にあって、「…(の)だろう」「…(の)だろうか」の意を表す。 「鞠まりも難き所を蹴出してのち、やすく思へば、必ず落つと侍る-/徒然 109」 「かかる恐ろしき海上にただ一人乗りて御入り候-/御伽草子・浦島太郎」
文中にあって、副助詞的に用いられる。体言および格助詞「と」に付いて、不確かなことを漠然と表す。 「余に何と-心ぼそうて徒然なるに/平家 2」 「その浦島と-は、はや七百年以前の事と申し伝へ候/御伽草子・浦島太郎」 〔は、明治以降の書き言葉でも、時に見られる。「新田の君は足利に計られて矢口と-で殺されて/武蔵野 美妙」「馭丁は呆れたる面もちにて、何-髭ひげの内にて云ひしが聞えず/舞姫 鷗外」〕 → やろう(連語)やら(副助・並立助・終助)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

やらんの関連キーワード千宗左(7代)顔佳花・貌佳花嫉まし・妬まし儀礼(ぎれい)干反る・乾反る鬱悶・欝悶冷えたる曲召人・囚人坂本竜馬いんげん言ひ立つ御伽草子早津愛香青木月斗ほてっ腹しぐらう天魔波旬何としてましゃる格助詞

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やらんの関連情報