コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やら ヤラ

デジタル大辞泉の解説

やら[感]

[感]感動したり驚いたりしたときに発する語。あら。
「―、わごりょは聞こえぬ事を言はします」〈虎清狂・文荷

やら[副助・並助・終助]

[副助]名詞、名詞に準じる語、副詞、活用語の連体形、助詞などに付く。(疑問語を伴って、あるいは「とやら」の形で)不確かな意や、ぼかして言う意を表す。…か。「何やら降ってきた」「いつのまにやら眠っていた」「同僚とやらから電話があった」
「二番目の子を、女房どもが何と思ひ入りました―、ぜひにと望みます」〈浮・胸算用・二〉
[並助]名詞、名詞に準じる語、副詞、活用語の連体形、助詞などに付く。
どちらとも決定しがたい二つ以上の事柄を並列・列挙する意を表す。「うれしいやら悲しいやら複雑な気持ちだ」
「恵方(ゑはう)が東―、南に梅が咲く―、暦さへ持たずして」〈浮・永代蔵・三〉
事物を単に並列・列挙する意を表す。「お茶やらお花やらを習う」
「出来た所(とこ)が塩梅(あんばい)が悪い―、手際が悪い―で、やんやといふほどにも行かねえ」〈滑・浮世床・初〉
[終助]名詞、名詞に準じる語、活用語の連体形、助詞などに付く。(多く疑問の語と呼応して)想像を働かす意を表す。…だろうか。「いつから始まることやら」「どうしたら気が済むやら
[補説]「にやあらむ」が「にやらむ」「やらむ」「やらう」「やら」と音変化したもので、中世後期以降に用いられた。中世後期には「やらん」「やらう」と混用されていたが、近世になって「やら」に固定した。なお、の文末用法から転じて成立したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やら

〔「にやあらむ」の転である「やらん」から。中世後期以降の語〕
( 副助 )
体言および体言に準ずる語、一部の副詞、助詞などに付く。
〔疑問・不定を表す語に付いて〕 不確実であるという意を表す。 「君の要求は何のこと-見当がつかない」 「いつの間に-日が暮れていた」
〔「とやら」の形で〕 はっきり言わずに、ぼかして言うときに用いる。 「山田と-いう人」 「どこと-抜けている人」
〔「…やら…やら」の形で〕 下に打ち消しの語を伴って、いずれとも不定である意を表す。 「どれとどれがほんもの-にせもの-まったくわからない」 「ほんとうにできるの-できないの-見当がつかない」
( 並立助 )
から転じたもの〕 体言や活用語の連体形に付いて、事柄をあれこれと並べあげるのに用いる。 「りんご-かき-いっぱい買いこんだ」 「泣く-わめく-たいへんな騒ぎだった」 「うれしい-悲しい-何とも複雑な気持ちだった」
( 終助 )
文末の言い切りの形に付く。不確かな気持ちをこめて、自問したり推量したりする時に用いる。 「とんぼ釣り、今日はどこまで行った-」 「いったい何を食わせる-」 → やらん(連語)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

やらの関連情報