やりがんな

日本大百科全書(ニッポニカ)「やりがんな」の解説

やりがんな
やりがんな /

槍鉋
鑓鉋

木材の表面を削り仕上げる工具の一種。やりがんなは古墳時代から古代、中世にかけての(かんな)で、法隆寺、唐招提寺、平等院、東大寺南大門などは、やりがんなで仕上げられている。正倉院にも伝存し、中国から朝鮮半島を経由してもたらされたものの一つである。室町時代なかばに台鉋(だいがんな)が登場するまで使われていた。現在では、古い建物の修理や復原工事などに使われるだけで、一般にはほとんど使われない。

 形状は、やや上に反った剣先状にとがらせた両刃の刃先を長さ40センチメートルくらいから1.5メートルくらいの棒状の柄に取り付けたもので、ちょうなで斫(はつ)った(削った)面を仕上げる。ちょうなで斫った面は、その刃幅の境目が凸凹になっており、凸部分をやりがんなで削り取って表面を平らにする。

 台鉋と違い、ていねいに仕上げても表面に凹凸の細かい条痕ができる。

 使い方は、左右の手を肩幅ぐらいに広げて握り、押したり引いたりして削る。

 刃先の形状で、刃の湾曲の度合いが釣り針のようになっているのは「なまぞり」といい、仏像などの彫刻に用いられる。

[赤尾建蔵 2021年7月16日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android