コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゆたかな社会 ゆたかなしゃかいThe Affluent Society

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゆたかな社会
ゆたかなしゃかい
The Affluent Society

J.K.ガルブレイスの著作。 1958年刊行。これまでの経済学が貧困,不平等,不安といった生産者側を問題としてきたのに対して,この著作では大衆の豊かさを問題とすべきだとし,豊かな社会だからこそさまざまな需要の喚起法 (たとえば広告やマーケティング) が問題となるとした。こうして必要に基づく需要よりも生産者側が作出す需要が重要となった結果,欲望が生産に依存するといういわゆる依存効果が働くようになる。他方,社会的な必要はないがしろにされ,私的投資に比べて社会的公共財への投資は過小になりがちであり,その社会的バランスを補正すべき点にこそ政府の役割があるとされる。本書は当時大きな反響を呼び,社会批評家としてのガルブレイスの名を不動のものとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゆたかな社会の関連キーワードジョン・ケネス ガルブレイスジョンKガルブレイスイデオロギーの終焉社会的アンバランスガルブレース大量消費時代消費

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android