コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よどみ点 よどみてん stagnation point

2件 の用語解説(よどみ点の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

よどみ点
よどみてん
stagnation point

流れの中で流体の速度がゼロとなる点をいう。流れの中に物体がある場合,たいていは物体表面の流れが垂直に突当る場所によどみ点が存在し,そこで流線が分岐する。ベルヌーイの定理によれば,重力の影響を無視した場合,流速 q ,流体の圧力 p ,密度ρ (一定) の間には関係式 ρq2/2+pp0 (一定) が成り立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

よどみてん【よどみ点 stagnation point】

流れの中で,流れの速度が0になる点。粘性流体中の循環流の中心の孤立点や物体面(物体表面では粘着条件によりいたるところで速度は0である)を除けば,この点で流線が枝分れするので,岐点(あるいは分岐点)と呼ばれることも多い。とくに粘性が無視できる完全流体では,物体面に生ずることが多い。また完全流体の場合,よどみ点での圧力はベルヌーイの定理によって最大となり,この圧力をよどみ圧あるいは総圧と呼ぶ。【橋本 英典】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

よどみ点の関連キーワード高速気流層流川竹の流れの身流れの里流れの末流れの身流れの道流れの人ストークスの流れの関数

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone