コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

をば ヲバ

デジタル大辞泉の解説

を‐ば

[連語]《格助詞「を」に係助詞「は」が付いたものの音変化》動作・作用の対象を、特に取り立てて強調する意を表す。(特に)…を。「優勝をば逸した」
「外の女―ことごとく嫌うと見ゆれば」〈鴎外訳・即興詩人
「其実(そのじつ)母も民子―非常に可愛がって居るのだから」〈左千夫野菊の墓
「名―、さかきの造(みやつこ)となむいひける」〈竹取

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

をば

( 連語 )
〔格助詞「を」に係助詞「は」が付き、「は」が濁音化したもの〕
動作・作用の目標・対象など、「を」の付いた語を「は」によって取り立てて強調するのに用いる。 「三島江の入江の薦をかりにこそ我-君は思ひたりけれ/万葉集 2766」 「御迎へに来む人-長き爪して、眼をつかみ潰さむ/竹取」 「秋萩の花-雨にぬらせども君-まして惜しとこそ思へ/古今 離別」 〔現代語でも、書き言葉や、話し言葉でもややかたくるしい言い方、古風な言い方として用いられることがある。「その生意気ざかりの男の子は…、私の方-振り向かうともしなかつた/美しい村 辰雄」「失礼-致しました」「寄せ来る敵-ばったばったとなぎ倒した」〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

をばの関連キーワード生意気ざかり仙籍を許す学び出だす打ち解け文思ひ倦んず恥を捨つ呼び据う波の便り日の宮人名を正す立ち竦みばちばちつい潜るばさっと懸想人語り言三島江老いす鷲の峰面嫌ひ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

をばの関連情報