をば(読み)ヲバ

デジタル大辞泉の解説

[連語]《格助詞「を」に係助詞「は」が付いたものの音変化》動作・作用の対象を、特に取り立てて強調する意を表す。(特に)…を。「優勝をば逸した」
「外の女―ことごとく嫌うと見ゆれば」〈鴎外訳・即興詩人
「其実(そのじつ)母も民子―非常に可愛がって居るのだから」〈左千夫野菊の墓
「名―、さかきの造(みやつこ)となむいひける」〈竹取

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] (格助詞「を」に係助詞「は」が付き、「は」が濁音化したもの) 動作の対象を強調する。→補注。
※万葉(8C後)一・一六「秋山の 木の葉を見ては 黄葉(もみち)乎婆(ヲバ) 取りてそしのふ 青き乎者(ヲば) 置きてそ歎く」
※延慶本平家(1309‐10)一本「其比都に白拍子二人あり、姉をは義王妹をは義女とぞ申ける」
※野菊の墓(1906)〈伊藤左千夫〉「頻りに小言を云ふけれど、其実母も民子をば非常に可愛がって居るのだから、一向に小言がきかない」
[2] ⇒をは
[補注]現代語ではほとんど見られず、動作の対象を強調する場合には、「喉の話はもう止めます」〔蓼喰ふ虫〈谷崎潤一郎〉六〕のように「は」だけを用いるのが普通である。ただし、方言として残っている地方もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

をばの関連情報