コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウノー Awoonor, Kofi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウノー
Awoonor, Kofi

[生]1935.3.13. イギリス領ゴールドコースト,ウェタ
[没]2013.9.21. ケニア,ナイロビ
ガーナの詩人,小説家。1968年に改名するまでは George Awoonor-Williamsの筆名を使う。ガーナ大学,ロンドン大学,ニューヨーク州立大学などで学んだ。ケープコースト大学文学部部長を務めたこともあるが,長くニューヨーク州立大学でも教えた。駐フランス大使,駐キューバ大使ほか,国際連合大使も務めた。その詩は,出身のエウェ族のフォークロア(→民間伝承)の影響が濃く,フランス,ドイツ,ロシア,中国などでも翻訳されている。ナイジェリアのムバリ出版局から出た第1詩集『再発見その他』Rediscovery and Other Poems(1964)や,第2詩集『夜のような,わが血』Night of My Blood(1971)で民族的伝統の再発見をうたい上げている。作家活動以外にも,ガーナ映画産業への参加,文芸誌『オキエアメ』Okyeameの編集など,活躍は多方面にわたる。作家連盟を代表して中国を訪問したこともある。小説には,独立後の社会における腐敗の構造や偽善を描く『この大地,わが同胞』This Earth, My Brother(1971)がある。ガーナの詩人たちの作品集『メッセージ:ガーナ詩集』Message: Poems from Ghana(1971)を編集。ケープコースト大学で教えるためニューヨークから帰国直後の 1975年には,政治亡命者を支援したとの罪状で逮捕された。ほかに,評論集『大地の胸――アフリカ文学・文化・歴史の批判的概説』The Breast of the Earth(1975),獄中体験を含む詩と散文で構成した『海辺の家』The House by the Sea(1978)など。(→アフリカ文学

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アウノーの関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩キューカー治安維持法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android