コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウフィー アウフィー `Aufī, Muḥammad

2件 の用語解説(アウフィーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウフィー
アウフィー
`Aufī, Muḥammad

[生]1175頃.トルキスタンブハラ
[没]1232頃
ペルシアの伝記作家。郷里で教育を受けたのち,トルキスタン,ホラーサーン地方を旅して諸学者と親交を結び,のち西パキスタンシンド地方におもむいて地方君主に仕えた。 1228年以降はスルタンの保護を受けてデリーに居住。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アウフィー
あうふぃー
Muammad ‘Auf
(1175ころ―1237)

ペルシアの伝記作家。中央アジアのブハラに生まれる。サマルカンドの宮廷に仕えたが、のちに各地を遍歴、アフガニスタンを経てインドに達し、シンドとデリーの宮廷に仕えた。代表作にペルシア詩人伝・名詩選『精華中の精華』、歴史・文学に関する2000以上の逸話を集めた『物語集』があり、ともに文学史上名高い。アラビア語の『悲しみのあとの喜び』のペルシア語訳でも知られる。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アウフィーの関連キーワードトルキスタン東トルキスタン共和国パキスタニーアフガン・トルキスタントルキスタン[自治共和国]《トルキスタン》トルキスタン型氷河トルキスタン・シベリア鉄道西トルキスタン東トルキスタン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone