アウフヘーベン

精選版 日本国語大辞典「アウフヘーベン」の解説

アウフヘーベン

〘名〙 (aufheben 元来、「拾い上げる」「保存する」「中止する」「破棄する」の意) 弁証法の基本概念の一つ。「否定する」「たかめる」「保存する」という三つの意味あいを含めて物事についての矛盾や対立をより高次の段階で統一すること。止揚(しよう)。揚棄(ようき)
※一九二八・三・一五(1928)〈小林多喜二〉二「その差別自身が一定の高度にまで強調された時、必然にアウフヘーベンされる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android