アウフヘーベン

精選版 日本国語大辞典「アウフヘーベン」の解説

アウフヘーベン

〘名〙 (aufheben 元来、「拾い上げる」「保存する」「中止する」「破棄する」の意) 弁証法の基本概念の一つ。「否定する」「たかめる」「保存する」という三つの意味あいを含めて物事についての矛盾や対立をより高次の段階で統一すること。止揚(しよう)揚棄(ようき)
※一九二八・三・一五(1928)〈小林多喜二〉二「その差別自身が一定高度にまで強調された時、必然にアウフヘーベンされる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「アウフヘーベン」の解説

アウフヘーベン(〈ドイツ〉Aufheben)

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ弁証法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)「アウフヘーベン」の解説

アウフヘーベン
あうふへーべん

止揚

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android