必然(読み)ヒツゼン

デジタル大辞泉の解説

ひつ‐ぜん【必然】

[名・形動]必ずそうなること。それよりほかになりようのないこと。また、そのさま。「必然の帰結」「なまけたのだから不合格は必然だ」⇔蓋然(がいぜん)偶然

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひつぜん【必然】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
必ずそうなると決まっていること。それ以外になりようのないこと。また、そのさま。 ⇔ 偶然蓋然がいぜん 「 -の結果」 「 -の帰結」 「失敗は-である」 「歴史の-」
( 副 )
必ず。きっと。 「実に疑もなき事実にして-さる事のありしならめど/小説神髄 逍遥
( 形動タリ )
に同じ。 「 -としてあひ離れざるものか/雑談 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひつ‐ぜん【必然】

〘名〙
① (形動ナリ・タリ) 必ずそうなること。そのように帰着するに決まっていること。また、そのさま。必至。⇔蓋然偶然
※菅家文草(900頃)八・叙澆淳「為樸為器、雖自然之必然
愚管抄(1220)六「宗廟の神も定めおぼしめしたる事は、今は道理にかないて必然なり」 〔国語‐鄭語〕
② (副詞的に用いて) 必ず。きっと。〔布令必用新撰字引(1869)〕
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「此事実や実に疑もなき事実にして、必然(ヒツゼン)さる事のありしならめど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の必然の言及

【運命】より

…すなわち,〈さだめられしモイラ(運命)なれば,神とても逃るるあたわず〉というのがたてまえではあったが,アポロンはクロイソスの運命を大幅に緩和したのであった(《歴史》)。このようにギリシア人の運命についての考えは,現代人から見ればあいまいだということになるだろうが,モイラの類似語で〈必然〉と訳されるギリシア語の〈クレオンchreōn〉や〈アナンケanankē〉の場合も事情は同じであって,〈ソクラテス以前の哲学者たち〉の用例を見ると,これらの語は絶対的必然性absolute necessityではなくて一定のきまり,規準を意味している。したがって,しいて必然という訳を与えるにしても,それはあいまいな意味での必然と見なすべきである。…

【偶然】より

…〈必然〉と対をなす語で,必然が〈必ずそうであること〉を意味するのに対して〈たまたまそうであること〉を意味する。しかし,必然が多義的であるのに応じて,偶然も多様な意味をもつ。…

※「必然」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

必然の関連情報