コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオクサカメムシ

百科事典マイペディアの解説

アオクサカメムシ

半翅目カメムシ科の昆虫の1種。体長15mm内外,鮮緑色,まれに黄褐色。年2回発生し,成虫で越冬。雑食性で各種の農作物や果樹に加害する。分布は日本全土,中国など。
→関連項目カメムシ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオクサカメムシ
あおくさかめむし / 青臭亀虫
green stink bug
[学]Nezara antennata

昆虫綱半翅(はんし)目カメムシ科の昆虫。日本全土、朝鮮、中国、台湾に分布。体長は12~17ミリメートル、全体緑色のものが多いが、黄色斑紋(はんもん)が現れ、その広がり方で四つの遺伝的な型に分けられている。平地から低山地に普通にみられ、広範な植物の汁を吸うので各種農作物の害虫として知られ、とくにマメ類に大害を与える。成虫で越冬し、年に2~3回発生する。よく似た種のミナミアオカメムシN. viridulaは世界に広く分布する害虫で、日本では南部に限り生息する。[立川周二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアオクサカメムシの言及

【カメムシ(亀虫∥椿象)】より

… 山間部などで越冬時多くのカメムシ類が室内に侵入し,その臭気のため不快昆虫としてきらわれる。アオクサカメムシ,ナガメは野菜類の害虫として知られ,クロカメムシ,イネカメムシ,ミナミアオカメムシは稲の害虫として,また果樹類にはクサギカメムシ,チャバネアオカメムシなどがつき果実を害する。一般に草本の実を好む種類は,その好む熟度の実を求めて点々と植物を移動し,稲穂が乳熟期となると,稲穂に移ってきて斑点米の原因となる。…

※「アオクサカメムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アオクサカメムシの関連キーワード椿象・亀虫椿象