コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオマツムシ Calyptotrypus hibinonis

2件 の用語解説(アオマツムシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アオマツムシ【Calyptotrypus hibinonis】

直翅目マツムシ科の昆虫(イラスト)。美しい鮮やかな緑色をした樹上にすむコオロギ。体型がマツムシに似ているのでこの名がある。体長15mm内外。1917年に東京で発見されて以来,神奈川,愛知,京都,山口,福岡などの,とくに大都会で見いだされていたが,一時はかなり減少した。70年代半ばころからまた少しずつ街路樹を中心に発生地が広がり,あっという間に群馬県から九州に至る地域で大発生を見た。おそらくこの虫は,明治年間に,卵の産み込まれた苗木によって外国から東京へ持ち込まれ定着した,いわゆる帰化動物の一つで,原産地は中国大陸の南部であろうと推定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオマツムシ
あおまつむし / 青松虫
[学]Calyptotrypus hibinonis

昆虫綱直翅(ちょくし)目マツムシ科に属する昆虫。樹上にすむ鮮緑色の美しいコオロギで、体形がマツムシに似ているのでこの名がある。明治時代に日本に入ってきた帰化昆虫の一つで、国内では街路樹を中心に分布を広げ、本州、九州の都会地や主要国道沿いに多い。原産地は中国大陸の南岸とされる。体長(翅端まで)は雄27ミリメートル内外、雌32ミリメートル内外。頭部は小さいが、前胸背板は比較的大きく後方に広がる。前後翅とも長く、腹部を舟形に覆う。雄の前翅には発音器が発達している。脚(あし)は全体に短い。年一化性で、幼虫、成虫とも広葉樹上にすむ。成虫は8~11月に出現し、雄は夕方から樹上でリーリーと甲高い調子で鳴く。サクラ、モモ、カキなどの葉を食害し、また小枝の先に卵を産み付けるので、花木や果樹の害虫とされる。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アオマツムシの関連情報