コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオリ あおり,あおり

1件 の用語解説(アオリの意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

アオリ

 レンズの光軸(中心線)からレンズボードまたはカメラバックなどを移動させること。もともとはビューカメラなどに組み込まれている機構で、これによって建物などの遠近感歪み(パースペクティブ・ディフォルメーション)を補正したり、被写界深度コントロールしたり、鏡などへのカメラの映り込みを避ける。あおりには上下平行移動ライズフォール、左右平行移動の シフト 、前後に傾ける ティルト 、左右に傾けるスイングがある。  なお、一眼レフ用にはシフト(レンズによってはティルトも可)を組み込んだ交換レンズがあり、これを シフトレンズ または PCレンズ (Perspective Control Lens)と言う。ビューカメラほどの補正量はないが、カメラマンによっては愛用している。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

アオリの関連キーワードコンバージョンレンズ単焦点レンズ望遠レンズ写真レンズレンズフード視野レンズ収束レンズ対眼レンズ発散レンズレトロフォーカスレンズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アオリの関連情報