コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカミノイヌツゲ(読み)あかみのいぬつげ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカミノイヌツゲ
あかみのいぬつげ / 赤実犬黄楊
[学]Ilex sugeroki Maxim. var. brevipedunculata (Maxim.) S. Y. Hu

モチノキ科の常緑低木。全体が小形で、果実の柄が1~2センチメートルとより短い点で区別されるウシカバの変種。北海道、中部地方以北の本州温帯上部に生育し、ウシカバとはすみ分けている。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアカミノイヌツゲの言及

【イヌツゲ】より

…関東・中部地方などでは小正月の繭玉を挿し,また蚕のまぶしに使われたこともある。 イヌツゲに似て石果の赤いウシカバ(別名クロソヨゴ)I.sugerokii Max.とその北方系変種アカミノイヌツゲvar.brevipedunculata S.Huが南千島,北海道,本州,四国に分布し,茨城・新潟両県以西の日本と台湾,中国には赤い石果が3~5cmの柄で垂れるソヨゴI.pedunculosa Miq.が分布する。クロガネモチI.rotunda Thunb.は外観がモチノキに似るが,小枝と葉柄は紫色を帯び,暖地では庭園樹として利用される。…

※「アカミノイヌツゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android