コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカモンガニ Carpilius maculatus; spotted pebble crab

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカモンガニ
Carpilius maculatus; spotted pebble crab

軟甲綱十脚目アカモンガニ科。サンゴ礁にすむ大型種で,甲幅 20cmに達する。甲面に左右相称に配置された 11個の赤い紋が美しい。鋏脚は強大で,左右で大きさが異なる。昼間はサンゴ礁原の間隙にひそみ,夜間に活動する。鹿児島県奄美大島以南の太平洋,アメリカ合衆国ハワイ諸島インド洋紅海まで広く分布する。近縁種のユウモンガニ C. convexus には赤い紋がない。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカモンガニ
あかもんがに / 赤紋蟹
spotted pebble crab
[学]Carpilius maculatus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目アカモンガニ科に属するカニ。奄美(あまみ)大島以南、ハワイ、南太平洋、インド洋の熱帯、亜熱帯海域に広く分布し、サンゴ礁原から浅海にかけてすむ。甲幅15センチメートルに達する大形種で、甲らが著しく硬い。甲面が丸く盛り上がり、前側縁も湾曲する。はさみ脚(あし)は左右で大きさが異なり、片方の腕節と掌部(しょうぶ)が強く肥大する。歩脚は管状で細長い。甲面に左右相称に並ぶ11個の赤い紋が特徴的であるが、近縁のユウモンガニconvex pebble crab/C. convexusには斑紋(はんもん)がない。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アカモンガニの関連キーワード赤紋蟹甲類

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android