コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アガペツス1世 アガペツスいっせいAgapetus I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アガペツス1世
アガペツスいっせい
Agapetus I

[生]?. ローマ
[没]536.4.22. コンスタンチノープル
ローマ出身の第57代教皇(在位 535~536)。聖人。貴族出身で,教皇に選出される以前は助祭長(→助祭)を務めていた。東ゴートのテオダハト王から要請を受け,ビザンチン皇帝ユスチニアヌス1世(在位 527~565)のイタリア奪回計画を阻止するためコンスタンチノープルに派遣されたが,徒労に終わった。また,コンスタンチノープルの総大司教アンテミウス1世が,異端とされるキリスト単性説を信奉していたため,退位させ,後継者選挙を管理し,選出されたメナスを叙任した。コンスタンチノープルで客死し,遺体はローマに運ばれて埋葬された。祝日は 4月22日と 9月20日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アガペツス1世の関連キーワードシルウェリウス安閑天皇テオダハドプロコピウス[カエサレアの]山本浩二赤字国債特例公債費用弁償・政務調査費問題依存症陶弘景

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android