コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキノハハコグサ あきのははこぐさ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アキノハハコグサ
あきのははこぐさ
[学]Gnaphalium hypoleucum DC.

キク科の一年草。茎は直立し、30~60センチメートル、上部で分枝する。葉の表面は緑色、裏面は白綿毛に覆われる。9~10月に散房状に多くの頭花をつける。名は秋咲きのハハコグサの意味である。本州、四国、九州のやや乾いた草地に生え、東アジアの熱帯から暖帯にかけて分布する。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアキノハハコグサの言及

【ハハコグサ(母子草)】より

… ハハコグサ属Gnaphalium(英名cudweed)は世界中に広く分布し,約200種ある。アキノハハコグサG.hypoleucum DC.は山地に生える一年草で,茎の上部でよく分枝する。葉の表は緑色,裏は白綿毛で密におおわれている。…

※「アキノハハコグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone