コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクセリロード

3件 の用語解説(アクセリロードの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アクセリロード

ロシアのマルクス主義者。亡命中の1883年ジュネーブプレハーノフらと労働解放団を設立,二段階革命論を主張し当面の革命をブルジョア革命に限定した。ロシア社会民主労働党の第2回党大会(1903年)後はレーニンと意見を異にするメンシェビキに属する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アクセリロード【Pavel Borisovich Aksel’rod】

1850?‐1928
ロシアの貧しいユダヤ人の家庭に生まれ,1870年代にナロードニキとして活動。亡命し,マルクス主義に転じ,プレハーノフザスーリチらと労働解放団を創立,ロシア・マルクス主義の発展に貢献した。第2回党大会ではメンシェビキにくみし,そのイデオローグとなった。当面の革命をブルジョア革命に限定し,大衆的労働者党の建設を主張した。1905年第1次革命後の合法活動の重視は,レーニンから〈解党派〉と批判された。17年の二月革命後,病体をおして封印列車で帰国。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクセリロード
あくせりろーど
Павел Борисович Аксельрод Pavel Borisovich Aksel'rod
(1850―1928)

ロシアの革命家、メンシェビキの指導者。キエフ大学卒業後、ナロードニキの運動に参加し、「チョールヌイ・ペレジェール(全土地割替)派」のメンバーとなった。1883年、亡命先のスイスでプレハーノフらとともに、ロシア最初のマルクス主義の団体「労働解放団」を創設。1903年のロシア社会民主党の第2回大会以後メンシェビキとなり、合法的な組合活動を主張して、レーニンらボリシェビキと対立した。[外川継男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アクセリロードの関連キーワード単元株制度民事再生法生物多様性条約陵墓安心・安全ビジネス松岡修造中浦ジュリアン国連生物多様性条約会議オウム真理教事件契丹文字

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone