コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクセリロード

百科事典マイペディアの解説

アクセリロード

ロシアのマルクス主義者。亡命中の1883年ジュネーブでプレハーノフらと労働解放団を設立,二段階革命論を主張し当面の革命をブルジョア革命に限定した。ロシア社会民主労働党の第2回党大会(1903年)後はレーニンと意見を異にするメンシェビキに属する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アクセリロード【Pavel Borisovich Aksel’rod】

1850?‐1928
ロシアの貧しいユダヤ人の家庭に生まれ,1870年代にナロードニキとして活動。亡命し,マルクス主義に転じ,プレハーノフ,ザスーリチらと労働解放団を創立,ロシア・マルクス主義の発展に貢献した。第2回党大会ではメンシェビキにくみし,そのイデオローグとなった。当面の革命をブルジョア革命に限定し,大衆的労働者党の建設を主張した。1905年第1次革命後の合法活動の重視は,レーニンから〈解党派〉と批判された。17年の二月革命後,病体をおして封印列車で帰国。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクセリロード
あくせりろーど
Павел Борисович Аксельрод Pavel Borisovich Aksel'rod
(1850―1928)

ロシアの革命家、メンシェビキの指導者。キエフ大学卒業後、ナロードニキの運動に参加し、「チョールヌイ・ペレジェール(全土地割替)派」のメンバーとなった。1883年、亡命先のスイスでプレハーノフらとともに、ロシア最初のマルクス主義の団体「労働解放団」を創設。1903年のロシア社会民主党の第2回大会以後メンシェビキとなり、合法的な組合活動を主張して、レーニンらボリシェビキと対立した。[外川継男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アクセリロードの関連キーワード二月革命(ロシア)十月革命イスクラ

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android