コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラスムギ

3件 の用語解説(カラスムギの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カラスムギ

イネ科の一〜二年草。荒地や路傍にはえる,ヨーロッパ西アジア原産の帰化植物。ムギとともに日本に伝来したといわれる。高さ50〜90cmになり,夏,茎頂に円錐状の花穂を出し,ややまばらに下垂する小穂をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カラスムギ【wild oat】

ヨーロッパから西アジア原産のイネ科の越年草(イラスト)。畑地,とくに麦畑の雑草として普通であり,おそらくムギとともに日本へ伝わったものであろう。チャヒキグサともいう。茎はまばらに叢生(そうせい)し,高さは50~90cmで麦わらに似る。葉は少数,幅の広い線形で,長さは20cm前後,幅は1cmくらい,やや白っぽい緑色をしている。6月ころ,まばらでやや大型の円錐花序を出し,長さは20cmくらい,枝は非常に細く,花序の軸に輪生し,その先に1~3個の緑色で大型の小穂を垂らす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラスムギ
からすむぎ / 烏麦
[学]Avena fatua L.

イネ科の越年草。稈(かん)は直立し、高さ50~90センチメートル。円錐(えんすい)花序は長さ約20センチメートル、枝は輪生し、水平に開出する小穂は大形で垂れ下がる。花期は6、7月。小花は3個あり、成熟すると脱落する。包穎(ほうえい)は背面が丸く、長さ約2.5センチメートル、小花全体を包む。護穎は多少革質で粗い毛があり、先端は歯牙(しが)状に2裂し、背面から芒(のぎ)が出る。芒は長さ3~4センチメートル、強く屈折し、よじれる。ヨーロッパ、西アジア原産で、日本全土にみられ、畑の縁や荒れ地に帰化している雑草。名は、カラスが食べるムギの意味で、チャヒキグサ(茶挽草)ともよぶ。食用とするエンバク(マカラスムギ)に形態がよく似ている。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカラスムギの言及

【エンバク(燕麦)】より

…イネ科の一年草または越年草(イラスト)。オートムギ,カラスムギとも呼ばれるが,カラスムギは近縁の野生種A.fatuaを指す名である。茎は高さ60~160cmになり,葉は線形で,幅1~1.5cm。…

※「カラスムギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カラスムギの関連キーワードヨーロッパ共同体ヨーロッパ開発基金ヨーロッパ連合オーニソガラムジャーマンアイリス鴨茅烏麦ヨーロッパトルコヨーロッパロシアヨーロッパ会計監査院

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カラスムギの関連情報