アクロン(英語表記)Akron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクロン
Akron

アメリカ合衆国,オハイオ州北東部の都市起源は 1825年。クリーブランドの南約 50kmに位置する。地名ギリシア語で「高いところ」というで,オハイオ川水系側と五大湖水系側に分水する位置にある。 30年のオハイオ=エリー運河の完成,および 40年のピッツバーグ-アクロン間の運河の完成が,鉄道開通までの工業都市アクロンの発展を助けた。 71年に起った小規模なゴム工業は,20世紀初期 (1910~20) の自動車登場時に大発展し,「世界のゴムの都」として知られるにいたった。軍用飛行機,塗料,ゴム関連などの工場が多数立地する。アクロン美術館,アクロン大学 (前身は 1870創立のバッチェル・カッレジ) がある。人口 19万9110(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

アクロン

ライオンが製造、販売する洗濯用液体合成洗剤の商品名。蛍光剤、漂白剤無配合で液性は中性。毛・綿・麻・合成繊維用。フローラルブーケ、グリーンリラックスの香りがある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アクロン【Akron】

アメリカ合衆国オハイオ州北東部の工業都市。人口22万2000(1994)。ゴム製造世界一を誇る。1871年,ベンジャミングッドリッチが最初のゴム工場を建設し,その後,自動車産業の発展と共に一大成長をとげ,この地域で世界の生ゴム生産量の約40%を使用するにいたった。ファイヤストーン,グッドイヤー,グッドリッチなどのタイヤ工場があり,全米少年少女手作り自動車(モーターはない)競技大会All‐American Soap Box Derbyが毎年8月開催される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アクロン【Akron】

アメリカ合衆国、オハイオ州北東部の都市。ゴム工業が発達。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクロン
あくろん
Akron

アメリカ合衆国、オハイオ州北東部の工業都市。人口21万7074(2000)。合衆国東岸と中西部地域とを結ぶ重要な中継地で、交通の要衝。合衆国でも最大の規模のトラック・ターミナル都市であるとともに、世界的なゴム工業都市としても有名で、大手のゴム会社の多くがここにオフィスや工場をもつ。都市の発展は、1869年、B・F・グッドリッチがここに最初のゴム工場を建設したことに始まり、1910年以降の自動車工業の発展がさらに市場拡大に拍車をかけた。重機械、プラスチック、ミサイルなど、各種工業も盛んである。教育・文化施設も多く、アクロン大学がその中心。付近には湖が多く、行楽地としてにぎわう。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アクロンの関連情報