コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アグン山 アグンサン

デジタル大辞泉の解説

アグン‐さん【アグン山】

Gunung Agung》インドネシア南部、バリ島東部にある活火山。標高3142メートル。安山岩質の成層火山であり、19世紀以降、5回の大噴火が記録され、1963年には火山泥流などによって1870人の死者が出た。聖なる山とされ、西部中腹には同島におけるヒンズー教寺院の総本山、ブサキ寺院が建つ。アグン火山。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アグン山の関連キーワードティルタガンガ東南アジア芸能アグン[山]トゥランベンプラ・ブサキアムラプラバリ島

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アグン山の関連情報