コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アゲハヒメバチ Trogus mactator

世界大百科事典 第2版の解説

アゲハヒメバチ【Trogus mactator】

膜翅目ヒメバチ科の昆虫。寄生バチの1種。大型で体長16mm内外,黒色および黒褐色の地に赤色と黄褐色斑紋があり美しい。腹部の基部の数節には縦に走る隆起があり,それ以後の節には背面両側にそれぞれ大きなくぼみがある。野外で採集したアゲハ,キアゲハミヤマカラスアゲハなどアゲハ類の幼虫を飼育していると,ときどきさなぎからチョウではなくこのハチが羽化して驚かされることがある。雌は寄主の若齢幼虫に産卵し,孵化(ふか)したハチの幼虫はそのまま体内で成長し,アゲハの幼虫がさなぎになってしばらくすると,その背面に穴を開けて羽化する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アゲハヒメバチ
あげはひめばち / 揚羽姫蜂
an ichneumon fly
[学]Trogus mactator

昆虫綱膜翅(まくし)目ヒメバチ科に属する寄生バチ。和名はアゲハチョウに寄生するヒメバチの意。日本各地に普通にみられ、国外では樺太(からふと)(サハリン)、シベリアで記録がある。体長は約15ミリメートル。雌の頭部は赤黄色で一部は黒色、胸部は赤褐色で部分的に黒褐色、腹部の背面は基部の2節が黄褐色でほかは黒色を帯び、腹部の色のコントラストは顕著。はねは淡黄色で先端部が褐色。触角は長く、赤黄色で末端に向かって黒褐色となる。脚(あし)は帯褐黄色。アゲハチョウ、キアゲハなどの幼虫に寄生し蛹(さなぎ)から羽化脱出する。[平嶋義宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アゲハヒメバチの関連キーワードヒメバチ(姫蜂)マダラヒメバチ

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android