コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アコンカグア[山] アコンカグア

百科事典マイペディアの解説

アコンカグア[山]【アコンカグア】

南米,アルゼンチン西部,チリ国境にまたがる山。標高6959m。アンデス山脈の最高峰で,西半球および南半球でいちばん高い。円錐火山状の山容をもち火山と考えられているが,火口も噴火の記録もない。
→関連項目植村直己コロラド[川]南アメリカメルセダリオ[山]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アコンカグア[山]【Cerro Aconcagua】

チリのサンチアゴ北北東約100km,チリ国境に近いアルゼンチン領にあるアンデス山脈中の山。南緯32゜40′,西経70゜02′に位置する。標高6960m。西半球および南半球の最高峰。1897年フィッツジェラルド隊のバインズとツルブリッゲンにより初登はん。山の北西側に源を持つアコンカグア川はアコンカグア州(チリ領)の谷間を流れ,灌漑用水として利用されたのち,太平洋に注ぐ。アコンカグア山塊の南麓をウスパヤタ峠が通り,アルゼンチンとチリを結ぶ主要な交通路となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアコンカグア[山]の言及

【アンデス[山脈]】より

…そのため,この山の登山が多く試みられ,ドイツの地理学者A.フンボルトやフランスの農芸化学者ブザンゴーなども登頂を試みたが果たさず,1880年イギリスの登山家E.ウィンパーが初登頂した。アンデスの最高峰アコンカグア山は,83年ドイツのギュスフェルト隊が挑んだが,97年イギリスのE.A.フィッツジェラルド隊のS.バインズとM.ツルブリッゲンによって初登頂された。20世紀に入り,ペルー,ボリビアのアンデスの登山も盛んとなり,1908年アメリカのA.S.ペックによるペルーのワスカラン北峰登頂,32年ドイツ・オーストリア隊によるペルーのブランカ山群への2回の遠征などがあるが,まだ未登の山も数多く残されていた。…

【登山】より

…この間アルプスの4000m級の高峰は全部登りつくされて,未踏峰がなくなると側稜や岩壁からのより困難なルート(バリエーションルート)からの登頂や冬季登山,案内人なしの登山などが行われるようになった。同時に新しい山々を求めカフカス,アンデスなどに目を向け,カフカスのエリブルス東峰(5621m)は1829年にK.ハシロフ,西峰(5642m)は74年イギリスのF.グローブ,アンデスの最高峰アコンカグア(当時7035m)は97年イギリスのE.A.フィッツジェラルド隊,ニュージーランドのクック(3764m)は94年,アフリカのキリマンジャロ(5895m)は1889年,アラスカのマッキンリー南峰(6191m)は1913年に初登頂された。19世紀の終りに活躍したイギリスの登山家A.F.ママリーはより困難なルートからの登山を提唱し,スポーツ登山はその困難さの中に喜びを見いだすと説き,これはママリズムとして近代のアルピニズムのおもな思想となった。…

※「アコンカグア[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android