コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アコンカグア山 アコンカグアさん Cerro Aconcagua

2件 の用語解説(アコンカグア山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アコンカグア山
アコンカグアさん
Cerro Aconcagua

アルゼンチン中部西寄り,メンドサ州北西端部にある山。州都メンドサ西北西約 110km,チリとの国境に近いアンデス山脈中に位置する。アンデス最高峰で,標高は 6959m。火山起源ではあるが,火口はなく,噴火の記録もない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アコンカグア山
あこんかぐあさん
Cerro Aconcagua

アルゼンチン西部のアンデス山中にある山。標高6960メートル南北アメリカのみならず、西半球を通じての最高峰である。山頂は、アルゼンチンとチリの国境をなすアンデス主稜(しゅりょう)線より12キロメートル東方のアルゼンチン領内にある。南方20キロメートルには、両国を結ぶもっとも重要な交通路であるウスパヤタ峠がある。円錐(えんすい)形をした山容と火山岩質の地層の存在から、かつては火山と推定されていたが、中生代白亜紀後期の安山岩や火山砕屑(さいせつ)岩からなる非火山性の山である。頂部には氷河を頂くが、周囲が乾燥気候であるため降雪量が少なく、万年雪帯は標高約5000メートル以上に限られる。1897年イギリスのフィッツジェラルド登山隊の一員ツルブリッケンが初登頂に成功、日本の登山隊としては1953年(昭和28)早稲田(わせだ)大学登山隊が初めて登頂した。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アコンカグア山の関連キーワードメンドサフォークランド戦争フォークランド紛争アルゼンチン蟻アルゼンチンタンゴピアソラプエルトイグアスアルゼンチンワインパンペロアルゼンチン・タンゴ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone