コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アコンカグア山 アコンカグアさんCerro Aconcagua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アコンカグア山
アコンカグアさん
Cerro Aconcagua

アルゼンチン中部西寄り,メンドサ州北西端部にある山。州都メンドサの西北西約 110km,チリとの国境に近いアンデス山脈中に位置する。アンデスの最高峰で,標高は 6959m。火山起源ではあるが,火口はなく,噴火の記録もない。標高 4500m以上は氷雪におおわれている。 1897年イギリスの E. A.フィッツジェラルドの率いる遠征隊の隊員が初登頂。 1953年には日本の早稲田大学登山隊も登攀。南麓のウスパヤタ (クンブレ) 峠を越えてアンデス横断鉄道とパンアメリカン・ハイウェーが通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アコンカグア山
あこんかぐあさん
Cerro Aconcagua

アルゼンチン西部のアンデス山中にある山。標高6960メートル。南北アメリカのみならず、西半球を通じての最高峰である。山頂は、アルゼンチンとチリの国境をなすアンデス主稜(しゅりょう)線より12キロメートル東方のアルゼンチン領内にある。南方20キロメートルには、両国を結ぶもっとも重要な交通路であるウスパヤタ峠がある。円錐(えんすい)形をした山容と火山岩質の地層の存在から、かつては火山と推定されていたが、中生代白亜紀後期の安山岩や火山砕屑(さいせつ)岩からなる非火山性の山である。頂部には氷河を頂くが、周囲が乾燥気候であるため降雪量が少なく、万年雪帯は標高約5000メートル以上に限られる。1897年イギリスのフィッツジェラルド登山隊の一員ツルブリッケンが初登頂に成功、日本の登山隊としては1953年(昭和28)早稲田(わせだ)大学登山隊が初めて登頂した。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アコンカグア山の関連キーワードオホス・デル・サラド山プエンテデルインカアコンカグア[山]メルセダリオ[山]ウスパヤタ[峠]コロラド[川]チンボラソ火山アルゼンチン南アメリカ植村直己

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android