コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシャンティ族 アシャンティぞくAshanti; Asante

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシャンティ族
アシャンティぞく
Ashanti; Asante

ガーナ南部と隣接するトーゴ,コートジボアールに居住するアカン諸族の一民族。言語はニジェール=コンゴ語派のクワ諸語に属する。初めは森林地帯に住む小民族であったが,18世紀,火打石銃の導入を利して強力なアシャンティ王国を形成した。やがて近隣のアカン諸族を従えてアシャンティ連合を結成し,奴隷,金,銃などの交易に基づくその繁栄は,1901年イギリスに征服されるまで続いた。集村または町をなして住む。かつては多少の狩猟も行なったが,おもに農業に依存し,バナナ,キャッサバヤムイモを栽培し,ココアを輸出している。織物,金細工,彫刻など手工業も古くから発達していた。最盛期には,職業の分化,身分階層化が進み,首都クマシに居住し,有名な「黄金の椅子」を継承する王を頂点として,複雑な社会組織をつくりだした。社会組織の基礎は母系出自に基づくが,儀礼などには父系の要素もみられる。住民は比較的頻繁に移動したが,個人は一定領土を所有する母系リニージの成員権を得ることによって,王国における市民権を得た。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アシャンティ‐ぞく【アシャンティ族】

Ashanti》アフリカ西部、ガーナ共和国の一部に住む民族。母系制親族集団を構成する。17世紀に連合王国を形成し、奴隷貿易などで繁栄した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアシャンティ族の言及

【アシャンティ王国】より

…17世紀末から20世紀初頭までガーナの森林地帯を支配した,アシャンティ族による連合王国。アシャンティ族は17世紀後半までは弱小国家群に分かれ,西のドマや南のデンキーラといった,より強大な国家に貢納していた。…

【ガーナ】より

…南部の5州にはアカン族,エウェ族,グアン族,ガン族,アダンメ族など,クワ系言語を話す人びとが居住する。アカン族は最も優勢な部族で,アシャンティ族,アキム族,ファンティ族などが含まれる。北部にはモシ・グルシ諸語を用いるダゴンバ族,マンプルシ族,グルマ族,コンコンバ族などが居住する。…

【住居】より

…この形式がさらにコンパクトになると各住棟は互いに接し,全体として中庭を囲むようになる。ガーナのアシャンティ族のコンパウンドがその例である。アシャンティ族は熱帯雨林気候に住み,そのため住棟を一体化し大きな屋根で覆う必要があったと思われるが,この形式がコンパウンドの変形であることの証左はロ字型のほかにコ字型やL字型の住居が混在することである。…

※「アシャンティ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アシャンティ族の関連キーワードアシャンティの伝統的建築物群ファンティ国家連合インセストタブーアシャンティ州ダゴンバ族母子神信仰バウレ族クフォーガーナ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アシャンティ族の関連情報