コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジア社会党会議 アジアしゃかいとうかいぎ Asian Socialist Parties Conference

2件 の用語解説(アジア社会党会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジア社会党会議
アジアしゃかいとうかいぎ
Asian Socialist Parties Conference

1953年1月6~15日,インドビルマ (現ミャンマー) ,インドネシア社会党の共同招請によりアジア社会主義政党の代表を集めてビルマのラングーン (現ヤンゴン) で開かれた会議。出席者はビルマ,エジプトインドネシア,インド (プラジャー社会党) ,イスラエル (マバイ社会党) ,日本 (当時の左・右両派の社会党) ,レバノン (進歩社会党) ,マライ (汎マライ労働党) ,パキスタン (東・西パキスタン社会党) の正式代表のほか,オブザーバーとしてチュニジア (デストゥル党) ,ネパール (会議派) ,ウガンダ (ウガンダ・アフリカ会議) ,ケニヤ (ケニヤ・アフリカ同盟) ,アルジェリアの代表,社会主義インターナショナルからイギリス労働党党首 C.アトリーユーゴスラビア共産党から M.ジラス国務相らの総数二百余名であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アジア社会党会議
あじあしゃかいとうかいぎ
Asian Socialist Parties Conterence

インド、ビルマ(現ミャンマー)、インドネシアの社会党が提唱して、1953年結成されたアジア諸国の社会党の協力機構。ビルマのラングーン(現ヤンゴン)で開かれた創立大会には、インド、インドネシア、ビルマ、マラヤ(現マレーシア)、レバノン、パキスタン、イスラエル、日本の8か国の社会党が参加した。のちにセイロン新平等社会党、ネパール会議党、南ベトナム社会党の加入が承認された。本部をラングーンに置き、議長にウ・バ・スエ(ビルマ)が就任。執行局と反植民地主義局を設け、毎年10月に「従属国人民自由デー」を行うこととした(ただし、実際にはビルマで行われたのみ)。1956年11月インドのボンベイ(現ムンバイ)で第2回大会を開催。1957年7月、ウ・ラ・アン事務局長が、ウィーン開かれた社会主義インター第5回代表大会に出席して、同インターとの協力強化を要請した。1958年3月ネパールで開かれた執行局会議で組織綱領を採択したが、その後活動は行われず、大会も開かれていない。[土生長穂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アジア社会党会議の関連キーワードドゥーマイギリスビルマ戦争ビルマ猫リーガルマインド農薬危害防止運動伸びる科学博覧会残留孤児・婦人訴訟判決インド・ビルマ省インド・ビルマ大臣ビルマ種 (Burma)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone