コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスビョルンセン アスビョルンセン Asbjørnsen, Peter Christen

3件 の用語解説(アスビョルンセンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスビョルンセン
アスビョルンセン
Asbjørnsen, Peter Christen

[生]1812.1.15. クリスチャニア(現オスロ)
[没]1885.1.5. クリスチャニア(現オスロ)
ノルウェーの民話収集家。グリム兄弟の『子供と家庭の童話』の出現に励まされて,林務官をしながら地方を回って民話や伝説を集め,単独であるいは僚友ムーと協力して多くの民話集を出し,久しくデンマーク文化の支配下にあった祖国のうずもれた文化財を発掘,国民に大きな慰めと励ましを与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アスビョルンセン

ノルウェーの自然科学者,民話収集家。《ノルウェー民話集》(1841年),《ノルウェー妖精譚と口碑》2巻(1845年―1848年)などを出版。これらはモエーJφrgen Moe(1813年―1882年)と共著の《民話全集》3巻にまとめられ,古典となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アスビョルンセン
あすびょるんせん
Peter Christen Asbjrnsen
(1812―1885)

ノルウェーの民話作家、民俗学者。大学で植物学を専攻したが、『グリム童話集』の出現に刺激され、友人のヨルゲン・ムーJrgen Moe(1813―1882)と共同で『ノルウェー民話集』(1842~1844)を出したほか、単独で『ノルウェー妖精譚(ようせいたん)』(1870)などを出し、民族文化の宣揚に大きな役割を果たした。その民話集は、ヨーロッパの多くの民話集のなかで、もっとも特色あるものの一つである。[山室 静]
『アスビョルンセン、ユルゲン・モー著、やまのうちきよこ訳『ころころパンケーキ――ノルウェー民話』(1983・偕成社) ▽アスビョルンセン、ユルゲン・モー著、中川あゆみ訳『くさのなかのおひめさま――ノルウェーのむかしばなし』(1997・セーラー出版) ▽アスビョルンセン、ユルゲン・モー著、米原まり子訳『ノルウェーの民話』(1999・青土社) ▽アスビョルンセン編、佐藤俊彦訳『太陽の東月の西』改版(1995・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アスビョルンセンの関連キーワードクリスチャニアクリスチャンネームシュテムクリスチャニアクリスチャンサイエンスクリスチャンハウンクリスチャンサンパラレルクリスチャニアミントンハウスのチャーリー・クリスチャン二代目はクリスチャンクリスチャニア岩

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone