コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アター ‘aṭā’

世界大百科事典 第2版の解説

アター【‘aṭā’】

〈贈り物〉を意味するアラビア語であるが,イスラム史の用語としては,ムハンマドの未亡人・親族・功労者の年金,軍人・官僚の俸給を意味する。640年ウマル1世が,メディナと各ミスル(軍営都市)にディーワーンを設けて支給を開始した。アラブ戦士(ムカーティラ)のアターは年額で最高2000から最低300ディルハムで,大部分は最低額を割り当てられ,ほかにリズクを支給された。ミスルに移住してアターを支給されるのは,アラブの特権とみなされていたが,ムフタールは反乱(ムフタールの乱,685)に際しマワーリーにもアターを支給し,それはウマイヤ朝カリフ,ウマル2世によって政府の政策とされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアターの言及

【マワーリー】より

…ウマイヤ朝の政治はアラブの非アラブ支配の原則に立ち,アラブは事実上の免税特権を享受し,征服地の非アラブ農民は重いハラージュを支払わされていた。7世紀末のサワードで,多くの農民がハラージュを免れるため農村を逃れてクーファ,バスラに集まったが,アラブの支持を得られなかったムフタールは,クーファで反乱(ムフタールの乱)を起こすにあたり,彼らをディーワーンに登録してアター(俸給)を支給し,兵士として利用した。その際,アターを受けるのはアラブ・ムスリムの特権と考えられていたので,これらの非アラブ農民のイスラムへの集団的改宗が行われた。…

※「アター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アターの関連キーワードニューヨーク・シティー・バレエ団府立労働センター エル・シアターChinese Theatreネザーランド・ダンス・シアター東京シティ・エアターミナルリアプロジェクションテレビザヒーレ・ファールヤービーtheatre rackrack theatreニザーム・アルムルク東京都品川区東五反田ニザーム・アルムルクギルバート(単位)BunkamuraDolbyアトモスアート・シアターハサン・バスリーセルジューク朝ストラスバーグ追憶のアリラン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android