アダム・マリク(読み)アダムマリク

百科事典マイペディアの解説

アダム・マリク

インドネシアの政治家。北スマトラ生れ。ジャーナリストとして活動後,独立運動に参加,1945年8月17日の独立の宣言に寄与した。1948年−1964年,民族主義政党のムルバ党中央執行委員,1956年国会議員。1966年外相,1978年共和国副大統領。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

20世紀西洋人名事典の解説

アダム・マリク
Adam Malik


1917 - 1984
インドネシアの政治家。
元・インドネシア外相,元・インドネシア副大統領。
北スマトラ生まれ。
1934年インドネシア党入党で独立運動に身を投じ、’37年アンタラ通信創設、社長。’45年8月武装蜂起による独立を唱えスカルノと対立。’46年人民党結成。’48年民族共産主義ムルバ党に入党。’59〜62年駐ソ大使、’63年貿易相に入閣したがスカルノとの不和は続いた。9・30事件の二年後の’67年スハルト新体制下で11年間外相を務める。’77年国民協議会議長を経て、’78年副大統領。’83年辞任。この間’67年ASEAN設立に貢献、現実主義的外交を展開する。著書に「共和国に仕える」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android