コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッタロス[3世] Attalos III

世界大百科事典 第2版の解説

アッタロス[3世]【Attalos III】

前170ころ‐前133
ペルガモン王。在位,前138‐前133年。エウメネス2世の子。アッタロス2世を継いだ。国政には熱意を示さず,有毒植物の研究に専心,著作を著すほどであった。彼の遺言によりペルガモン王国ローマに贈られることになった。動機は未詳である。だが弟アリストニコスは王位継承を主張,おもに下層民・奴隷から成る同志を集め,ローマと戦ったが敗北し(アリストニコスの反乱),前129年この地にローマの属州アシアが建設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアッタロス[3世]の言及

【アリストニコス】より

ペルガモン王国最後の王アッタロス3世の異母弟。アッタロスが死去にあたり,遺言によってその領土をローマに譲渡したとき(前133),王位継承と独立を主張して蜂起した。…

【ローマ】より

…戦後処理においてローマの政策は一転して硬化し,マケドニア側についた諸都市に課税し,なかでもアカイア同盟から1000人の人質をローマに送らせ,エペイロスでは15万人の住民を奴隷とし,さらに,起こった抵抗運動を鎮圧して,前147年マケドニアを属州とし,前146年コリントスを完全破壊し,全住民を奴隷に売った。こうして樹立された東地中海におけるローマの圧倒的優位を前にして,ペルガモン王アッタロス3世は,その死に当たって王国をローマに遺贈し(前133),その遺領は前129年ローマの属州とされた。 海外領の獲得と支配はローマ自体の社会を変質させた。…

※「アッタロス[3世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アッタロス[3世]の関連キーワードエウメネス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android