コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルガモン Pergamon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルガモン
Pergamon

トルコ西部,ミュシア古代都市遺跡。今日のベルガマ Bergamaにあたる。イズミルの北約 80kmに位置する。少なくとも前5世紀から存在し,前3~前2世紀ペルガモン王国の首都として繁栄(→アッタロス朝)。都市計画に基づいた代表的なヘレニズム都市で,エジプトのアレクサンドリア図書館に次ぐ規模の大図書館が置かれた(→図書館)。発掘は 1878年以来ドイツのカール・フーマン,A.コンツェらによって行なわれ,中断しつつ 1938年まで続けられた。丘の上(→アクロポリス)にゼウス祭壇であるペルガモン祭壇アテナ神殿,トラヤヌス神殿,劇場などの遺跡が残され,特にペルガモン祭壇のフリーズを形成する『神々と巨人の戦い』の浮彫破片は著名(→ペルガモン派)。今日,祭壇はドイツのベルリンにあるペルガモン美術館に復元展示されている。ローマ時代に都市は平野部に広がり,ギムナシオンヘラおよびデメーテルの聖域があった。ヘレニズム文化の景観をよく残しているとして,2014年世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ペルガモン

小アジア西岸のヘレニズム時代の古代都市。現在はトルコのベルガマBergama。前3世紀ペルシアから独立したペルガモン王国(アッタロス朝)の首都として繁栄,ヘレニズム文化の中心地の一つとなった。アレクサンドリアに次ぐ大図書館,ペルガモン派の浮彫のある大理石の祭壇などで有名。
→関連項目デルプフェルト羊皮紙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペルガモン【Pergamon】

小アジア北西部のミュシア地方にあり,ヘレニズム時代に栄えた都市。ペルガモン王国の首都。アッタロス1世の時代,ガリア人に対する勝利を記念して作られた《死のガリア人》《妻を殺し自殺するガリア人》などの群像彫刻(ローマ,カピトリーノ美術館・テルメ美術館)や,エウメネス2世の時代の壮麗なゼウスの大祭壇とそのフリーズを飾る《神々と巨人の戦い(ギガントマキア)》の浮彫(ベルリン,ペルガモン美術館)など,ヘレニズム期ギリシア美術の貴重な遺物の出土で知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ペルガモン【Pergamon】

トルコ西部、イズミルの北、現在のベルガマにあった古代都市。ペルガモン王国の首都となって以来、ヘレニズム文化が栄えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペルガモン
ぺるがもん
Pergamon

トルコ西端、エーゲ海に面した古代のミュシア地方の都市。海岸から約25キロメートル内陸のカイコス川流域に位置し、ヘレニズム時代に繁栄した。現在名はベルガマBergama。紀元前3世紀の、セレウコス朝から独立したアッタロス家の支配以後歴史が始まる。エウメネス2世のとき小アジアの大部分を領有したが、のちローマ領となり、属州アジアの中心となった。アッタロス家諸王はペルガモンの丘陵に壮麗な都市を建設し、頂上のアクロポリスには城壁を巡らし、宮殿、図書館、アテネ神殿、大浮彫りで知られる「ゼウス神殿の大祭壇」が建設され、エジプトのアレクサンドリアと並ぶ大都市となった。美術でもヘレニズム美術を発達させ、とくに『瀕死(ひんし)のガリア人』『ガリア人とその妻』などの彫像はその代表作である。[糸賀昌昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のペルガモンの言及

【図書館】より

…この分類の仕方は順序こそ違え,17世紀になってF.ベーコンが知識の分類にあげる3区分(哲学,歴史,詩)にほぼ対応する。 小アジアのペルガモンにもエウメネス2世の建てた図書館があったが,後年エジプト女王クレオパトラの歓心を買うため,ローマの将軍アントニウスがここの蔵書を彼女に与え,大量の本がアレクサンドリア図書館に入ったとの伝説が生まれた。学術文化の面で,ペルガモンと張り合ったアレクサンドリアの人々は,貴重な書字素材であるパピルスのペルガモンへの輸出を禁止した。…

【ペルガモン王国】より

…小アジア北西部の都市ペルガモンPergamon(現,トルコ領ベルガマ)を中心に,最盛期はミュシア,リュディア,フリュギア,ピシディアの各地方にまでまたがったヘレニズム時代の王国。前282年マケドニア系のフィレタイロスPhiletairosがセレウコス朝の宗主下にこの都市の支配者となり,前278‐前276年にガラティア人の侵入を退けてアッタロス王朝の基礎を確立した。…

【ヘレニズム美術】より

…このような古典主義的見方は後の人文主義者たちに受け継がれ,永い間,ヘレニズム時代は,ギリシア美術の衰退期と見なされてきた。この見解を根本から変えたのが,アッタロス王国の首都ペルガモンの遺跡の発見(1878)であった。ここに出土した建築とそれを飾っていた彫刻の遺品は,クラシック時代のものとは異なる,独自の価値をもつ力強い美術様式を示していた。…

【羊皮紙】より

…羊皮紙は東洋の製紙法が伝わり普及するにつれて衰退し,今日では装本材料としておもに用いられる。羊皮紙の発明は,大プリニウスによれば,前2世紀エジプトからのパピルス輸入を封じられたペルガモン王エウメネス2世が,対抗策として発明したといわれる。しかし皮を半透明の極薄手になめす技術は,すでに前10世紀の小アジアに存在した。…

※「ペルガモン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ペルガモンの関連キーワードアリアラテス5世エウセベス・フィロパトルアポロニオス(ペルゲの)アレクサンドリア(古代)アポロドロス[アテネ]アッタロス[3世]アッタロス[1世]アッタロス(3世)アッタロス(1世)クラテス[マロス]カピトリーノ美術館ミトラダテス4世ファルナケス1世エウメネス1世アスクレピオンアリストニコスフィレタイロスアッタロス3世アッタロス2世アポロドロスアラシェヒル

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android