アッタロス3世(読み)アッタロスさんせい(英語表記)Attalos III Philomētōr Euergetēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アッタロス3世」の解説

アッタロス3世
アッタロスさんせい
Attalos III Philomētōr Euergetēs

[生]前170頃
[没]前133
ペルガモン王 (在位前 138~133) 。エウメネス2世の子。アッタロス2世。愛母王 (フィロメトル) と呼ばれた。「アッタロスの契約」でペルガモン王国ローマに譲渡したが,その動機は不明。学問,芸術に頭した。前 129年王国はローマの属領となった。死後革命が勃発した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android