コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッバース1世 アッバースいっせい`Abbās I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッバース1世
アッバースいっせい
`Abbās I

[生]1571.1.27.
[没]1629.1.19.
イラン,サファビー朝第5代の王 (在位 1587~1629) 。大帝と称される。イギリス人シャーリー兄弟一行より学んだ最新の砲術や戦術による直属の親衛軍を新たに編成してクズルバシュの勢力を押え,東ではウズベク族の侵入を食止め,西ではオスマン帝国よりアゼルバイジャンやイラクの地を奪還,サファビー朝の最盛期をつくりだした。彼は,新都イスファハンに大建設事業を起し,さらに各地に隊商宿や橋梁や道路を建設して国内交通を整備,またみずからマシュハドのイマーム・レザー聖廟に巡礼を行なって国内のシーア派聖地巡礼を奨励し,国民の精神的統一をはかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

アッバース1世

生年月日:1571年1月27日
ペルシアのサファビー朝第5代王(在位1587〜1629)
1629年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

アッバース1世の関連キーワードシャイフ・ロトフォッラー・モスクシェイフロトフォッラーモスクイスファハンのイマーム広場マスジッド・イ・シャーレザー・アッバーシーアーリーガープー宮殿バンダル・アッバースリザー・アッバーシーバンダル・アッバースバンダレアッバースシャー・アッバースイスカンダル・ベグバンダルアッバースアリー・カプー宮殿マスジデ・シャーシャーセバーン族イマームモスクラーレスターンゴンバデサブズイスファハーン