コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アツイタ Elaphoglossum yoshinagae (Yatabe) Makino

世界大百科事典 第2版の解説

アツイタ【Elaphoglossum yoshinagae (Yatabe) Makino】

葉が厚く平板状であるために厚板(羊歯)と呼ばれているツルキジノオ科のシダ(イラスト)。根茎は短くはい,葉柄の基部とともに褐色,膜質,卵形の鱗片を密につける。葉は単葉披針形。葉柄は短くて葉面との差が明らかでないこともあり,葉の全長は10~30cmである。胞子葉の葉柄は葉身より長いか同長。葉脈は遊離平行脈で,生時ははっきりみえない。胞子葉の裏面全体に胞子囊がつき,胞子が熟すると裏面は黒褐色になる。包膜や側糸はない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アツイタ
あついた / 厚板
[学]Elaphoglossum yoshinagae (Yatabe) Makino

オシダ科の常緑性シダ。根茎は短く、葉面は肉質で、披針(ひしん)形の単葉がつく。葉柄は短く、基部の鱗片(りんぺん)は卵形で褐色。胞子葉は葉柄が長く、裏面全体に胞子嚢(ほうしのう)をつける。伊豆半島以南の暖かい地方の林下の岩上や樹幹に着生する。[西田治文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アツイタの関連キーワード厚板羊歯胞子嚢群

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android