コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アデオダツス2世 アデオダツスにせいAdeodatus II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アデオダツス2世
アデオダツスにせい
Adeodatus II

[生]?. ローマ
[没]676.6.17.
ローマ出身の第77代教皇在位 672~676)。デウスデディツス2世 Deusdeditus IIとも呼ばれる。在位中の出来事を,年月日を付け整理して記録した初めての教皇。最初の記録は 672年4月11日で,教皇に選出された当日である。政策面の手腕は知られていないが,キリスト単意説をめぐる論争では正統派を擁護した。また,荒廃状態にあった諸教会の修復に熱心に取り組み,ベネディクト会修道士として聖エラスムス修道院の規律を正した。アデオダツス2世を聖人とみなし 6月26日を祝日とする聖人伝もあるが,『聖人行伝』Acta Sanctorumを編纂する団体,ボランディストは,個人的に崇拝を集めなかったとして祝日を認めていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アデオダツス2世の関連キーワードドヌス

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android