コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アデニル酸キナーゼ

2件 の用語解説(アデニル酸キナーゼの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アデニル酸キナーゼ

 [EC2.7.4.3].ミオキナーゼともいう.2ADPAMPATPの反応を触媒する酵素.骨格筋に多い.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アデニルさんキナーゼ【アデニル酸キナーゼ adenylate kinase】

ATPの消費によって生じたAMPやADPの再利用に関与するきわめて安定な酵素。ATP+AMP⇄2ADPという可逆反応を触媒する。ミオキナーゼmyokinaseとも呼ばれ,筋肉,腎臓,微生物等で発見されており,ミトコンドリアの外膜と内膜の間の空間に存在すると考えられている。筋肉の活動によってADPが蓄積したときにこの酵素の働きでATPとAMPが生成し,AMPが解糖系の活性を刺激しATPの生産を促進する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アデニル酸キナーゼの関連キーワードカルニチンアシルトランスフェラーゼWindows AzureウィンドウズアジュールKindle FireXenユーティリティコンピューティングWindows Azureアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼアセチルCoAアシルトランスフエラーゼアデノシルコバラミン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone