コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アデニル酸キナーゼ

世界大百科事典 第2版の解説

アデニルさんキナーゼ【アデニル酸キナーゼ adenylate kinase】

ATPの消費によって生じたAMPやADPの再利用に関与するきわめて安定な酵素。ATP+AMP⇄2ADPという可逆反応を触媒する。ミオキナーゼmyokinaseとも呼ばれ,筋肉,腎臓,微生物等で発見されており,ミトコンドリア外膜と内膜の間の空間に存在すると考えられている。筋肉の活動によってADPが蓄積したときにこの酵素の働きでATPとAMPが生成し,AMPが解糖系の活性を刺激しATPの生産を促進する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アデニル酸キナーゼの関連キーワード解糖系