コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アデニル酸キナーゼ

2件 の用語解説(アデニル酸キナーゼの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アデニル酸キナーゼ

 [EC2.7.4.3].ミオキナーゼともいう.2ADPAMPATPの反応を触媒する酵素.骨格筋に多い.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アデニルさんキナーゼ【アデニル酸キナーゼ adenylate kinase】

ATPの消費によって生じたAMPやADPの再利用に関与するきわめて安定な酵素。ATP+AMP⇄2ADPという可逆反応を触媒する。ミオキナーゼmyokinaseとも呼ばれ,筋肉,腎臓,微生物等で発見されており,ミトコンドリアの外膜と内膜の間の空間に存在すると考えられている。筋肉の活動によってADPが蓄積したときにこの酵素の働きでATPとAMPが生成し,AMPが解糖系の活性を刺激しATPの生産を促進する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アデニル酸キナーゼの関連キーワードADP沈降海岸熱起電力縁生解除権消費インフレアンカプラーATPシンテターゼADPリボースいたずら

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone