コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトバラ川 アトバラがわAl-Bahr `Atbarah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトバラ川
アトバラがわ
Al-Bahr `Atbarah

ナイル川に注ぐ支流。エチオピア高原北東部にタカゼ川として源を発し,スーダン北部のアトバラナイル川に合流する。全長 1120km。水源地近くから深い渓谷をつくり,北方に迂回して多数の支流を合流,西に転じてスーダンに入り,セティト川と名を変え,小アトバラ川と合流,アトバラ川となる。カッサラーの近くのハシュムエルギルバの急流に貯水と灌漑用ダムが築かれた。その下流部のアトバラ川は蒸発が激しく,乾季には流水がやむが,増水期の8月には毎秒 2150m3の流量を示し,ナイル川の流水量の 22%に達する。流域の土壌はあまり肥沃ではないが,遊牧民に豊富な水を与えている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アトバラ川
あとばらがわ
Nahr ‘Atbarah

北アフリカ、スーダン北東部を流れる川。エチオピア高原西部が源流で、ゴンダルの西から北北西へ流下し、北部州の中心都市アトバラでナイル川と合流する。延長約800キロメートル。6~8月の高水位期は航行可能となり、その水量はナイル川の全水量の22%に達する。しかし8月以降は渇水し、干上がった河床に水たまりが連なる。[堀 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アトバラ川の関連キーワードメロエ島の古代遺跡群ダルフール王国青ナイル川エジプトベジャ族ダーメル信行

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android