コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトバラ川 アトバラがわ Al-Bahr `Atbarah

2件 の用語解説(アトバラ川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトバラ川
アトバラがわ
Al-Bahr `Atbarah

ナイル川に注ぐ支流。エチオピア高原北東部にタカゼ川として源を発し,スーダン北部のアトバラナイル川に合流する。全長 1120km。水源地近くから深い渓谷をつくり,北方に迂回して多数の支流を合流,西に転じてスーダンに入り,セティト川と名を変え,小アトバラ川と合流,アトバラ川となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アトバラ川
あとばらがわ
Nahr ‘Atbarah

北アフリカ、スーダン北東部を流れる川。エチオピア高原西部が源流で、ゴンダルの西から北北西へ流下し、北部州の中心都市アトバラでナイル川と合流する。延長約800キロメートル。6~8月の高水位期は航行可能となり、その水量はナイル川の全水量の22%に達する。しかし8月以降は渇水し、干上がった河床に水たまりが連なる。[堀 信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アトバラ川の関連キーワードエチオピア高原エチオピア戦争オノン川ラリベラ青ナイルアビシニア高原エチオピア亜区エチオピア高地ゴンダール青ナイル[川]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone