コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトン アトンAton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトン
Aton

エジプト神話の太陽神。アトンという名は太陽の円盤を意味する。エジプト第 18王朝のアメンホテプ4世 (→イクナートン ) は世界最古の宗教改革者として従来のアモン信仰を捨て,アトン宗教のみを公式の宗教として認めた。王はみずからアメノフィス (「アモンは満足する」の意) の名をイクナートン (アトンの栄光) に改名し,テーベを捨て,中部エジプトのイクフータトン (アトンの地平線) ,現在のテルエル・アマルナに新都を建設し,またヌビアヒゲム・アトン市をつくった。しかし,このアトン信仰は王の死後まもなく衰えた。アトンは,エジプトの光輝,万物の創造と生育,四季の交替,王者の権威を与えるといわれたが,その姿は,常に赤い巨大な日輪でのみ表現された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

アトン【Aton】

古代エジプトの太陽神。アメンホテプ四世によって、アモンに代わる純粋な一神教の神として祀まつられたが、次代のツタンカーメン王により廃された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アトン
あとん
Aton

古代エジプトの神。「太陽円盤」を意味し、同時に太陽神として、ラー神と同一視された。アトン崇拝の起源はかなり古いと思われるが、新王国時代前期にはアモン崇拝が盛んになり、アモン神官の勢力が強大になった。アメンヘテプ4世(前14世紀)は都をテーベ北方、今日のエル・アマルナに移し、アトン崇拝を再興して自己の名もイク・ン・アトン(イクナートン。「アトンの輝き」の意)と称した。この王がアトン(しばしば太陽円盤から多数のが差し出されている形で表された)を礼拝している浮彫り類が残されている。しかしこの王の没後、またもアモン信仰が再燃し、アトン崇拝は衰微した。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアトンの言及

【アテン】より

…古代エジプトの太陽神。アトンAtonともいう。もともとは天体としての太陽(日輪)そのものをさしたが,新王国時代になって太陽神の一人として神格化され,イクナートンの宗教改革によって,従来の国家神アメンにとって代わり,宇宙を創造し,その秩序を維持し,万物に生命を賦与する唯一絶対の神とされた。…

※「アトン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アトンの関連キーワードヴィクトリヤン サルドゥーレジナルド ブレットナーアメンヘテプ(3世)テル・エル・アマルナトゥトアンクアメンネフェルティティピューリタン革命ツタンカーメン王テルエルアマルナツタンカーメン中東史(年表)ホー・クイ・リアトンメント会エジプト美術天地創造神話パトニー討論マルカタ遺跡クロムウェルアモン(神)ヘリオポリス