コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトン アトン Aton

3件 の用語解説(アトンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトン
アトン
Aton

エジプト神話の太陽神。アトンという名は太陽の円盤を意味する。エジプト第 18王朝のアメンホテプ4世 (→イクナートン ) は世界最古の宗教改革者として従来のアモン信仰を捨て,アトン宗教のみを公式の宗教として認めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アトン【Aton】

古代エジプトの太陽神。アメンホテプ四世によって、アモンに代わる純粋な一神教の神として祀まつられたが、次代のツタンカーメン王により廃された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アトン
あとん
Aton

古代エジプトの神。「太陽円盤」を意味し、同時に太陽神として、ラー神と同一視された。アトン崇拝の起源はかなり古いと思われるが、新王国時代前期にはアモン崇拝が盛んになり、アモン神官の勢力が強大になった。アメンヘテプ4世(前14世紀)は都をテーベ北方、今日のエル・アマルナに移し、アトン崇拝を再興して自己の名もイク・ン・アトン(イクナートン。「アトンの輝き」の意)と称した。この王がアトン(しばしば太陽円盤から多数の手が差し出されている形で表された)を礼拝している浮彫り類が残されている。しかしこの王の没後、またもアモン信仰が再燃し、アトン崇拝は衰微した。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアトンの言及

【アテン】より

…古代エジプトの太陽神。アトンAtonともいう。もともとは天体としての太陽(日輪)そのものをさしたが,新王国時代になって太陽神の一人として神格化され,イクナートンの宗教改革によって,従来の国家神アメンにとって代わり,宇宙を創造し,その秩序を維持し,万物に生命を賦与する唯一絶対の神とされた。…

※「アトン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アトンの関連キーワードクヌム太陽神太陽神話ヘリオポリスエジプト鼠エジプト綿古代エジプト語太陽神話説エジプト風アテン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アトンの関連情報