アナトールフランス

精選版 日本国語大辞典の解説

アナトール‐フランス

(Anatole France) フランスの作家。格調のある文体と皮肉や風刺が特色。思想的には懐疑的合理主義だが、社会主義的傾向も持った。小説「シルヴェストル=ボナールの罪」「タイス」ほか多数著作がある。(一八四四‐一九二四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報