アノード

化学辞典 第2版「アノード」の解説

アノード
アノード
anode

電池あるいは電解操作では,一方の電極では電子を放出する反応が,他方の電極では電子を受けとる反応が起こっている.たとえば,水の電解では,

となり,前者アノード反応(anodic reaction)といい,この反応の起こっている電極をアノードとよぶ.また,後者の反応をカソード反応(cathodic reaction)といい,電極をカソードという.電池の場合はアノードは陰極,カソードが陽極となり,電解の場合はこの逆となるので,混乱をまねきやすい.したがって,電極をアノード,カソード以外の陰陽,正負に結びついた表現でよぶのは好ましくない.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「アノード」の解説

アノード

〘名〙 (anode) 電子や陰イオンが移動する方向にある電極。電解、気体放電などの場合は陽極、電池や腐食反応などでは陰極にあたる。真空管の場合は特にプレートという。⇔カソード

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアノードの言及

【電極】より

…ある系の中に電場をつくったり,電流を流したり,系から電流をとりだしたりする役目を果たす電子伝導体や半導体のこと。電池のような電気化学系は,少なくとも1対の電極から構成されているが,そのうちで,電極から溶液相に向かって正電荷が流れだすほうをアノードanode,逆に溶液相から電極に向かって正電荷が流れこむほうをカソードcathodeと定義する。電気化学系のアノードでは電極反応が酸化の方向に,カソードでは還元の方向に進行する。…

※「アノード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android