コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アノード アノード anode

翻訳|anode

3件 の用語解説(アノードの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アノード(anode)

陰イオン流れ込む電極真空管・電解槽の陽極、電池の陰極をいう。真空管の場合は特にプレートという。⇔カソード

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アノード【anode】

媒質中に入れた一対の電極のうち、酸化反応の起こる電極。両電極を導線で結んだとき、電子を媒質側から導線側へ流す電極。媒質にイオンが存在するときは陰イオンが進む方向の電極。電気分解の場合の陽極。電池の場合は負極。
電子管(真空管)の電子を吸収する電極。プレート。陽極。 ↔ カソード

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアノードの言及

【電極】より

…ある系の中に電場をつくったり,電流を流したり,系から電流をとりだしたりする役目を果たす電子伝導体や半導体のこと。電池のような電気化学系は,少なくとも1対の電極から構成されているが,そのうちで,電極から溶液相に向かって正電荷が流れだすほうをアノードanode,逆に溶液相から電極に向かって正電荷が流れこむほうをカソードcathodeと定義する。電気化学系のアノードでは電極反応が酸化の方向に,カソードでは還元の方向に進行する。…

※「アノード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アノードの関連キーワード陰イオンカソード錯イオン電解槽三極真空管電解液電槽流れ込む五極真空管負イオン

アノードの関連情報