コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アファナシェボ文化 アファナシェボぶんかAfanashevo culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アファナシェボ文化
アファナシェボぶんか
Afanashevo culture

シベリアのエニセイ川上流地域からアルタイ山地にかけて分布する新石器時代末期から初期青銅器時代にかけての文化シベリアの広大な地域に類似した内容をもつ文化がみられる。草原地帯という同一の環境に適応した文化が拡散したのであろう。生業の主体牧畜にあったとされているが,一部では農耕も行われていたようである。金属製品はナイフ,針など小型のものが多く,墳墓からの出土が主体である。東アジア的な要素と西アジア的な要素をあわせもつ文化と考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アファナシェボ文化
あふぁなしぇぼぶんか
Афанасьево Afanas'evo 

南シベリアにおける最古の金属器文化。紀元前三千年紀に成立し、前二千年紀に衰退した。この文化の特徴は、石製労働用具を多用するなど、新石器的生産技術の伝統を強く残しながらも、少量の銅製品を初めて用いていることである。銅はすべて鍛造で、刀子(とうす)、短剣、斧(おの)、鈴、管状針入れなどがある。生業は、ヒツジ、ウシ、ウマなどの家畜飼養に主体を置いていたが、旧来の野生動物の狩猟も少なからぬ役割を果たしていた。また、漁網用の錘(おもり)が多く出土しており、漁労も頻繁に行われていたとみられる。エニセイ川やアルタイ山麓(さんろく)ではこの文化期の墓が多数発見されている。一般に、墓の上部が石組で覆われた土壙墓(どこうぼ)で、遺骸(いがい)は屈葬位である。遺骸の傍らには土器や各種の労働用具、それに家畜や野生動物の骨付き肉などが置かれていた。[大塚和義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アファナシェボ文化の関連キーワードミヌシンスク盆地アルタイ文化

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android