アフガン人(読み)アフガンじん(英語表記)Afghan

翻訳|Afghan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アフガン人」の解説

アフガン人
アフガンじん
Afghan

広義にはアフガニスタンに住む諸民族を包括して呼ぶが,アフガニスタンの全人口の約半分を占めるパターン Pathanと呼ばれる民族 (北および北東部ではパフトゥンと呼び,南部および東部国境方面ではパシュトゥーンと呼ぶ) をさす。イギリスとロシアの取引によって居住地域が二分されたため,パキスタン南部にも分布している。主要言語はパシュト語とペルシア語で,都市部に住むアフガン人は近代的な小家族制をもつ。これに比べパキスタンとの国境地帯に住むアフガン人は,山間の谷あいでコムギワタなどを栽培する農民層,さらにはラクダ,ウマ,ヒツジなどの家畜を飼って移動する遊牧民の2つに分れ,現在もなお父系リニージによる分節社会を固守している。主流を占めるドゥラーニー族は,18世紀以来アフガン王朝として君臨した (→ドゥラーニー朝 ) が,1978年以降の社会主義体制下にあっては反政府ゲリラの立場にあった。これに対して反主流のギルザーイ族は,歴史的に従属的な位置にあったが,78年以来政権を担当した。したがって,両者の対立は内戦にも強く反映された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android