コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカ象 アフリカゾウ

デジタル大辞泉の解説

アフリカ‐ぞう〔‐ザウ〕【アフリカ象】

象の一種。現存する陸生動物では最大で、体高約3.5メートル、体重約7.5トン。牙(きば)は前方に伸び、4メートルにも達する。アジアゾウに比べ、耳が大きく前肢が長い。性質は荒く人に慣れにくい。アフリカのサバンナに生息。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アフリカぞう【アフリカ象】

ゾウの一種。最大の陸生動物で、肩高3.3メートル、体重6トン以上に達する。鼻の先端には二個の突起があり、耳が大きく牙きばは雄雌ともに長大。性質は荒く、人に慣れにくい。アフリカの草原に群生する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アフリカ象の関連キーワードダフニー シェルドリック古生物DNA解析アジア象丸耳象ゾウ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アフリカ象の関連情報