アブド・アルアジーズ・ブン・サウード(読み)アブドアルアジーズブンサウード

百科事典マイペディアの解説

アブド・アルアジーズ・ブン・サウード

イブン・サウードとも。サウジアラビアの建国者,初代国王(在位1932年―1953年)。サウード家は18世紀以来の王家だが,19世紀末リヤドを追われ,クウェートに亡命した。1902年リヤドを奪回,1932年アラビア半島の大半を統一して王国を樹立。ワッハーブ派を積極的に採用して国家建設を進めた。
→関連項目アラビア半島リヤド

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

20世紀西洋人名事典の解説

アブド・アルアジーズ・ブン・サウード
‘Abd al-‘Azīz b.Sa‘ūd


1880 - 1953.11.9
サウジアラビア国籍。
サウジアラビア国王。
リヤド生まれ。
別名イブン・サウード,アブドゥル・アジズ
イスラム教ワッハーブ派のサウド家に生まれる。1891年サウド家がラシード家に敗れ、父とクウェートに亡命する。1901年リヤドを奪還、王国を再興する。’21年ラシード家を滅ぼし、’25年ヒジャーズ地方も支配し、ヒジャーズの王、ナジュドとその属領のスルタンとなり、’32年サウジアラビアと国名を改める。’38年油田を発見、その財源は遊牧民定住化や農業開発の財政的基盤となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android