コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブラシメジ あぶらしめじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブラシメジ
あぶらしめじ / 油占地
[学]Cortinarius elatior Fr.

担子菌類、マツタケ目フウセンタケ科の食用キノコ。傘は径5~10センチメートル、表面は粘土色で多量の粘液で覆われている。傘の周辺部に放射状に並ぶ条線があるのが特徴。茎は5~15センチメートルで太さ1センチメートル、根元は細く、表面は白色で粘液を帯びる。ひだも胞子紋も泥褐色、秋になると雑木林に発生し、分布はきわめて広い。汁の実、煮つけなどにして広く食用にされる。地方名として、ヌルリンボウ、アメンボ、ズラクラなどがあり、近縁のヌメリササタケと区別しない地方も多い。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアブラシメジの言及

【フウセンタケ(風船茸)】より

…日本産だけでも100種をはるかに超えるが,大部分はまだ名がない。 食用菌は少なくなく,アブラシメジC.elatior Fr.,ヌメリササタケC.pseudosalor Lange,フウセンタケC.purpurascens (Fr.) Fr.(イラスト)などはひろく食用にされる。これらの3種はともにかさと茎の表面は強い粘質物で覆われ,茎は円柱状で長く,クモ糸膜は茎の上部とかさの縁との間にはる。…

※「アブラシメジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アブラシメジの関連キーワードシメジ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android