コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブル・カーシム Abū al-Qāsim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブル・カーシム
Abū al-Qāsim

[生]936頃.コルドバ郊外エルザーラ
[没]1013頃
アラビア医学界で最高の外科医とされている。ラテン名 Albucasis。アブドゥル・ラフマーン3世侍医をつとめた。主著アルタスリーフ』 al-Tasrīfは,前半が内科で,血友病についての最初の記載で知られ,後半は外科,産科について記している。中世の最もすぐれた医学教科書でもあり,記録でもある。刊行時はあまり注目されなかったが,12世紀にラテン語訳されてからおよそ 500年間,ヨーロッパで外科学の権威書とされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アブル・カーシムの関連キーワードアブドゥル・ラッザーク・サマルカンディーアブー・サイード・ビン・アビル・ハイルフサイン・バイカラ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android