コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アプト式 アプトシキ

デジタル大辞泉の解説

アプト‐しき【アプト式】

急勾配(きゅうこうばい)の鉄道線路で列車が滑らないよう、2本のレールの中央に歯車でかみ合う軌条を取り付けた方式。スイスのアプト(R.Abt[1850~1933])が考案。日本では大井川鉄道井川線の一部で採用されている。アプト式鉄道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アプト式の関連キーワードツークシュピッツェ[山]ニューハンプシャー[州]南アルプスあぷとラインツークシュピッツェ山ラックレール式鉄道碓氷峠鉄道文化むらワシントン[山]ゴルナーグラートフルカ・トンネルホワイト山地トレビシックロートホルン川根本(町)蒸気機関車電気機関車松本荘一郎ラック鉄道歯軌条鉄道登山鉄道信越本線

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アプト式の関連情報