コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アプト式 アプトシキ

デジタル大辞泉の解説

アプト‐しき【アプト式】

急勾配(きゅうこうばい)の鉄道線路で列車が滑らないよう、2本のレールの中央に歯車でかみ合う軌条を取り付けた方式。スイスのアプト(R.Abt[1850~1933])が考案。日本では大井川鉄道井川線の一部で採用されている。アプト式鉄道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アプト式の関連キーワードニューハンプシャー[州]ツークシュピッツェ[山]南アルプスあぷとラインツークシュピッツェ山碓氷峠鉄道文化むらラックレール式鉄道ワシントン[山]フルカ・トンネルゴルナーグラートトレビシック川根本(町)ホワイト山地ロートホルンラック鉄道電気機関車蒸気機関車松本荘一郎歯軌条鉄道鉄道公園登山鉄道

アプト式の関連情報