アポ酵素(読み)アポこうそ(英語表記)apoenzyme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アポ酵素
アポこうそ
apoenzyme

酵素が複合蛋白質 (単純蛋白質補欠分子族) である場合,この単純蛋白質部分をアポ酵素という。複合蛋白質である完成酵素をホロ酵素 holoenzymeといい,一般にホロ酵素となって初めて活性を生じるが,遺伝子デオキシリボ核酸によって直接に規定されるのはアポ酵素のアミノ酸配列順のみである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

アポこうそ【アポ酵素】

通常は酵素として不活性であるが、金属原子や補酵素と結合したときのみ活性化する酵素の総称。結合して、活性をもつようになったものはホロ酵素と呼ばれる。 → ホロ酵素補酵素

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アポ酵素
あぽこうそ

補酵素と結合することによって酵素活性を示す酵素タンパク質をいう。酵素はタンパク質からできているが、タンパク質以外の物質を不可欠な構成成分として含む場合もある。そのような物質を補欠分子族(補欠分子団)あるいは配合団という。ある種の補酵素、たとえばFMN(フラビンモノヌクレオチド)やFAD(フラビンアデニンジヌクレオチド)などがこれにあたる。このような酵素から補欠分子族を取り外すと、残ったタンパク質部分だけでは酵素活性がなくなるが、補欠分子族を加えると活性が回復する。このような場合に、酵素活性をもたないタンパク質部分のことをアポ酵素という。アポapoとは「取り除いた」という意味である。これに対して、補欠分子族を結合している状態をホロ酵素という。ホロholoとは「全体」という意味である。NAD(ニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチド)や補酵素Aを補酵素とする酵素の場合は、これらは酵素の構成成分ではなく、反応のときだけ参加して補助するので、アポ酵素とかホロ酵素などのことばは使わない。
 なお、酵素以外のタンパク質でも、ヘモグロビンなどで、ヘムを取り除いた残りの部分をアポタンパク質とよぶ。[笠井献一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアポ酵素の言及

【酵素】より

…タンパク質の一次構造の違いが,DNAの遺伝情報の違いに基づくことは今日よく知られているが,酵素分子の個性は,この上にさらにサブユニットの組合せや,タンパク質分子以外の補欠因子族cofactorの種類によっても影響される。タンパク質だけから成る酵素に対して,活性発現に必要なタンパク質以外の成分を結合した分子をホロ酵素holoenzyme,ホロ酵素のタンパク質部分をアポ酵素apoenzymeと呼ぶ。補欠因子族の中には,ビタミンB1,B2,B6などの誘導体やATPのような有機物質も含まれており,これらをとくに補酵素coenzymeと呼ぶが,このほか,K,Na,Cl,Ca2+などの陽イオン,陰イオン,金属イオンを要求する酵素も少なくない。…

【補酵素】より

…それらの分子を補欠分子族prosthetic group,または配合団と呼ぶが,金属原子,各種の無機アニオン,カチオンなどを除き,有機分子として作用するものを補酵素と呼ぶ。補酵素を解離させた残りのタンパク質部分をアポ酵素apoenzyme,アポ酵素に補酵素が結合したものをホロ酵素holoenzymeと呼ぶ。以下に代表的補酵素について述べるが,その多くはビタミンに属する。…

※「アポ酵素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android