コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムアク `Am`aq, Shihāb al-Dīn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムアク
`Am`aq, Shihāb al-Dīn

[生]? ブハラ
[没]1148
ペルシアの詩人。サマルカンドで教育を受け,カラハン朝宮廷に仕えて「詩人の長」の称号を受けた。頌詩に秀で,のちに頌詩の最高詩人アンワリーから称賛されたことはペルシア文学史上名高い。作品『アムアク詩集』 Dīwān-e `Am`aqは頌詩を主体とする。挽歌詩人としても知られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アムアク
あむあく
Shhb al-Dn ‘Am‘aq
(?―1148)

ペルシアの詩人。中央アジアのブハラに生まれる。サマルカンドにおいてカラ・ハン朝に宮廷詩人として仕え、「詩人の長」の称号を得て非常に厚遇された。技巧を凝らした頌詩(しょうし)で知られ、挽歌(ばんか)にも秀でていた。セルジューク朝のスルタン、サンジャルの王女の挽歌は名高い。現存する詩集『アムアク詩集』は約800句の頌詩が主である。叙事詩も作詩したが散逸して伝わっていない。[黒柳恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アムアクの関連キーワード藤原顕頼サルグル朝ジール朝高齢運転者等専用駐車区間大江広元玖馬三千院周期表隆寛円春

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android